小学館編集部が芦原さん急死に関する声明を発表。「著者への尊重は絶対」と強調


芦原さんの急逝には、非常にショックを受けています。著者の意向を必ず尊重するという姿勢を崩さず、これからも作品の編集に当たっていくことを約束してほしいです。

 「二度と原作者がこのような思いをしないためにも、『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分だと考えています」――。

【その他の画像】

 2月8日、「セクシー田中さん」などを手掛けた漫画家の芦原妃名子さんが急死したことを受け、寄稿していた『姉系プチコミック』が所属する小学館第一コミック編集者一同の名義で声明が発表された。

●「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません」

 「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」と題した文章の冒頭には、芦原さんの訃報に接し、編集部が深い悲しみと強い悔恨の中におり、このメッセージが「現場の編集者」の偽らざる声であるとつづった。

 メッセージでは著作権について触れ、作家には「著作財産権」と「著作者人格権」があり、「著作財産権」が利益を守る権利に対し、「著作者人格権」は著者の心を守るための権利と紹介。「著者の許可なく改変が行われないよう作品を守るための『同一性保持権』をはじめ、『名誉声望保持権』『氏名表示権』『公表権』『出版権廃絶請求権』『修正増減請求権』があります。これらの全ては契約を結ぶまでもなく、著者の皆様全員が持っている大切な権利、これが『著作者人格権』です」と説明している。

 亡くなった芦原さんは、自身の著作である『セクシー田中さん』が日本テレビで実写ドラマ化された際に、提示していた原作順守の約束を反故にされたとして問題提起している。編集部は「その当然守られてしかるべき原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました」と、ドラマ放送前に発売されたコミック冒頭のメッセージに言及。

 芦原さんメッセージの中で、ドラマについて原作から大きく逸れた箇所はしっかり修正していると述べるとともに、「恐らくめちゃくちゃうざかったと思います」とも語っている。

 それに対し、「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません」「守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」と当然の権利であると表明している。

 編集部は二度と原作者が芦原さんのような思いを抱かないためにも、「『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分」と考えているという。

 今後についても「他に原因はなかったか。私たちにもっと出来たことはなかったか。個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります」と述べている。そして、映像化の際には原作者を第一とし、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正していくとした。

●芦原さんの意向がドラマ制作サイドに伝わっていなかったのではないか

 声明には芦原さんの意向がドラマ制作サイドに伝わっていないのではなかったのかとの疑念についても触れている。

 それによると、『セクシー田中さん』第7巻冒頭コメントは、2023年8月31日付で公表されているもので、ドラマ放送開始日である2023年10月22日よりも2カ月近く前に書かれていると言及。ドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作に携わるスタッフに作者の意向が伝わっていた状況は事実であると説明している。

 芦原さんの意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、小学館の担当編集者メディア担当者であり、ドラマ制作サイドに意向を伝え、芦原さんが納得するまで脚本を修正、意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』だと説明している。「そこには、ドラマのために先生が描き下ろしてくださった言葉が確かに存在しています」と編集部。

●最後に「寂しい」

 編集部は最後に、読者と漫画家に対して声明を出すのが遅くなったことを謝罪。「これまで以上に漫画家の皆様に安心して作品を作っていただくため、私たちは対策を考え続けます」と決意をつづっている。この文章を書くにあたり熟慮を重ねたうえで、「それでもどうしてもどうしても、私たちにも寂しいと言わせてください。寂しいです、先生」と編集者の声を掲載した。

漫画『セクシー田中さん』(出典:Amazon.co.jp)


(出典 news.nicovideo.jp)

KTJ

KTJ

声明は読みましたが…。著作権などの当然の前提知識の確認と、責任逃れをしたいのか原作者意向を伝えてたことを強調するばかりで、具体的な施策や検証結果報告期限などの情報はどこにも見当たらず。結びの文章はお涙頂戴のお気持ち表明。これではとても期待は持てないという印象です。

PON

PON

内容もアレだけど、声明出すの遅すぎじゃないか?ってのがこの記事タイトル見ての最初の印象。

にんつー

にんつー

え?ずれてない?ここに至っても猶コミュニケーションがうまくいってないってこと?

thousand

thousand

別の記事で声明読んだけど、自分の上司・同僚があれ公開する言うて持ってきたら殴らん自信がない。つまり小学館はまかり通るような環境っちゅうこっちゃな。

はい

はい

芦原氏のコメントも含めてみると、「小学館側としては原作に忠実にするようにお願いしたが、散々制作サイドからは改変された脚本が上がってきた」って事になる。原作者以外各々責任はあるだろうが、一番の悪は日テレだろうな。  後、具体的な施策を要求するなら、内閣府が「クールジャパンに関する意見募集」のパブコメ(2/10〆)に投げると良いと思うぞ。

納豆御飯

納豆御飯

そんな出版社としちゃ「できてて当たり前以前の問題」だと思っていたんだが? そのくせ社内説明会じゃ『がたがた抜かすヤツは控訴するぞ(意訳)』みたいな【控訴脅迫】をやらかしておいてよくもまぁ言えたもんだ。今後お前んとこに原稿持ち込む物好きが現れるといいなぁ? 

とーふ

とーふ

https://www.shogakukan.co.jp/news/476200

とーふ

とーふ

原作者が考えて作り出した作品であり編集がOK出したから連載していた。編集担当は当然原作者の意向は知っているだろう。それなのに何故原作者は毎回脚本の修正をしなければならなかったのか。編集側はその間何をしていたのか?こんなんで寂しいですって言われても原作者は浮かばれるのか?

_07

_07

全文の最後の方に「皆で熟慮を重ねて参りました。」とあったけど、何人の編集者がどれほど熟慮したら《作家を守れなかった編集部が著作者人格権を説く》なんて内容の声明文が出てくるんだよ…

しゃとん

しゃとん

全力で話を逸らせーって指示でもでてんのかね。どういう経緯で何が原因で再発防止はどうするのかを知りたいんだが

しゃとん

しゃとん

編集部が作家56しといて、何だこの薄っぺらい文章は。

krt

krt

担当編集者とメディア担当者はドラマ制作サイドの誰にもしくはどの役職の人に意向を伝えたのかを言え。自分たちはちゃんとやっていたなら言え。

みらい

みらい

声明出すのも今更だし内容もこの程度。本当に大丈夫なのかねこの会社。

katayu

katayu

漫画家一人の命よりも自分(小学館)の命、である時点で…まあ小学館だけに限った話ではないけど

mi

mi

意向を尊重していればこんな悲劇は起こらないわけですが・・・

ももすけ

ももすけ

今までに出ている情報だと現場の編集は作家に寄り添っていたのに、約束が反故にされた脚本が上がってきたってことだよね。これからも作家の意志に寄り添って何が解決するの?頑張っている現場の人を責め立てたいわけではないんだけど

シンメーン

シンメーン

今までの小学館の漫画家達に対する所業を思い出すと、今回のコメントの薄っぺらさがよく解かる。あまりにも批判の声が大きいからガス抜きしようとしたとしか思えない。

グスト

グスト

それが出来てれば問題になって無いんだからこのままだと何も変わらないってことだよね?

じゅういちがつ

じゅういちがつ

そんな言い訳みたいなコメントが聞きたいわけじゃなくて、調査した結果を知りたいんだけど、芦原さんに対して何かを言った形跡とか無いのか?

ミドル

ミドル

「個人に責任を負わせるのではなく、組織として〜」つまり誰も責任を取らないと